pianist-1149172_1920



どうもっ  ちょこです
 


 今日の話題は
50代からピアノを始めて
一年間でラ・カンパネラを弾けるようになった
というものです。

徳永義昭さんというかたです。




徳永さんは楽譜が読めるわけではありません



ピアノを元々弾いていたわけでもありません



では、なぜ弾けるようになったのか?


そもそもなぜピアノをやろうと思ったのか?


なぜフランツ・リストがパガニーニのバイオリン曲をもとにして書いた超難曲ラ・カンパネラなのか?



プロのピアニストも自分のレパートリーに加えるのを避けるという噂を聞くほどの難曲です


以前のブログでも紹介したのですが、
徳永さんのやっていることは
大人になってからピアニストを目指す人にとって、希望の光とも言えるんです。




ユーチューブをやっていますし、テレビにも取り上がられていたので是非ご覧ください。










ずっと一曲をユーチューブの光る鍵盤を見ながら一個一個鍵盤を確認してやって行くなんて




なんという忍耐力、男の意地




私にはそんな忍耐力は、ございません(笑)




でも、徳永さんの動画を見て




今からでもピアニストになることは不可能ではないという確信がもてました。




適切な環境を用意し

素晴らしいピアノの先生に出会い

毎日の8時間以上をピアノに費やし

効率よくピアニストに必要なスキルや感性

音感などを習得する方法を模索し続けていけば

10年もすれば私の人生の目標曲でもあるショパンのバラード1番やラフマニノフピアノ協奏曲2番をある程度は納得の行くレベルで弾けるようになる可能性が十分にあると思いました。
(どんだけガチやねんw)






もう自分の人生をかけてピアノを頑張ることにワクワクしてます♪




私はどっちかっていうとガチ勢に入ってしまうのかもですけど、




難しく考えることはないですね。




いかに、楽しく生きるかがポイントですから。




私だって、好きなアニメのピアノ曲をYouTubeで配信して見たり



歌うことが好きなので、米津玄師の曲をカバーして動画投稿して見たり



ある程度上手になったら路上で弾き歌いライブして見たり



作曲に挑戦して見たり



ピアニストになる!と凝り固まらずに色々なことをやっていこうと思ってます。




そんなんでピアニストなれるわけないやろ?




と思ってるかた。



そもそも、ピアニストの定義ってなんですか?




それは人によって違うのかなと思います。



世間の誰がどう見てもピアニストっていうのは誰もが思う定義としてありますが。



究極いったらピアノ弾く人=ピアニストですから。




辻井伸行さんや、もっと言えば、ホロヴィッツレベルとかにならないといけないのでしょうか




そのレベルまで行けるのは理想ですけど、



それが無謀かどうかの議論は置いといて



ピアニストになりたいっということは



ピアノを通して音楽を楽しみたいってことかもしれません



人前でピアノを弾いて見たいってことかもしれません



もっと言えば、人を喜ばせて見たいってことなのかもしれません




理由は人によって様々です。



自分が納得できるかどうかの問題だと思います。





結局はあなたはピアノを弾けるようになって
何がしたいのか?
ということに行き着くのかなと




まずは今の自分にできることを探して行くといいかもしれませんね(^ ^)




その過程を楽しむことを探して行きましょう




目標はでっかくても構いません。大きければ大きいほど良いです。




なぜなら、テストで100点目指そうと思えば、80点取るのがそこまで難しく感じないように



目標が大きければ大きいほど、自分が上達できる可能性が広がるからです。




逆に80点を目標として勉強した人が100点を取るのは、不可能ですよね。



自分が80点を取るために必要な労力しか使っていないのに、100点取れるわけがない。当たり前なことですが。(目測を見誤って100点とれちゃったなんてことはあるかもしれません)





目標はでっかく
実際やることは小さいことをコツコツと。






成功者ほど、

当たり前のこと当たり前に


シンプルなことをコツコツと、小さなことを地道に積み重ねているもの
だと実際の本物の経営者を見て思いました。





成功できない人当たり前のこと当たり前にできていないのだと思います。





小さなことをコツコツとやること



工夫し続けること




楽しむこと





何か特別なことをする必要はありません、こういうことをしていけばいいだけでいつの間にか特別なものになっているものだと思います。




「凡事徹底」これに尽きるのかなと





平凡なことも毎日徹底してやっていれば、非凡に変わって行くということですね。





これからピアニスト目指す方は一緒に頑張って行きましょう♪